お試しからの自動定期購入で困る前にアドバイス

ミニチュアビジネスマン

初回お試しだけの1回限りの購入のつもりで買った商品が、自動定期購入だった…。

解約しようと思っても業者に繋がらず解約できず、商品がどんどん送られてきてお金を払い続けなくてはいけない。

こうしたトラブルが多いので、お試しからの自動定期購入で困る前にいくつかアドバイス。

【購入前のアドバイス】
商品の口コミをチェックする
購入に迷ったらまずは商品の口コミをチェックすることです。
実際に注文してから定期購入の解約までを画像付きで丁寧に解説しているサイトも出てくるので、まずは口コミチェックから。

サイトの隅々まで確認し定期購入になるか否かをチェックする
商品を売るにあたって購入意識が薄れてしまうような、消費者にとって不利になりえる情報というのはデカイ字で書かれていません。

自動定期購入についてもそうなので、できる限り小さな字も全て読んで内容を確認してから購入ボタンを押しましょう。

定期購入になる場合の解約方法を確認する
定期購入に切り替わることが書かれていても、具体的に解約について書かれていないものは要注意です。

最低継続回数、解約できるタイミング、解約の方法などを購入前に確認しておきましょう。

表示されている業者の連絡先の存在を確認する
表示されている業者の電話番号、住所、メールアドレスが存在して使われているのかを検索をかけて調べてみましょう。

悪徳業者は実際に存在する人の名前や会社名を使っていたりするので、電話番号や住所などが合っているかを確認してください。

購入前にそのページをスクリーンショットや印刷して残しておく
画像や印刷して自分が購入した時点でのページを残しておくことは、後のトラブル回避のための証拠品となるので有利になります。

未成年には親に内緒で買い物しないよう躾ける
金額が小さいと子供は親に内緒で買い物してしまうことがあり、これが後に大きなトラブルにつながる原因になるケースも増えています。

子供には勝手に買い物をしないよう口うるさく伝えておきましょう。

【まとめ】
注意深く買い物したはずが結局トラブルになってしまった…となったら、迷わず消費生活センターや警察などへ相談に行きましょう。

その際は購入したサイトのページを印刷したものや、業者に関する情報などをメモしてから相談するとスムーズです。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/category/consult.html
相談窓口を探したり、相談事例などを調べられます。